新製品のご紹介

製品のご紹介

バイソンサイクロン (BISON CYCLONE)

新製品のご紹介

特徴

◆蒸気サイクロンを作る16枚の特殊ノズルプレート(絞りはノズル1個に7~10穴)により、水分の多い湿り蒸気を絞ったあと一気に吹き出し膨張させ、“絞り減圧効果”により乾き度がアップした蒸気を作り出します。

◆バイソンサイクロンで0.30Mpa以上減圧する事により、ミストを再蒸発させ質の良い乾き蒸気を蒸気サイクロンの中心部から送りだします。

◆二次側蒸気ヘッダーに送り込まれた質の良い乾き蒸気は、工場への送気中もドレンを最小におさえて、蒸気使用設備・機械へ供給されます。

◆バイソンサイクロンは、ボイラーを出来るだけ高い圧力(0.80Mpa程度)で運転し、圧力差を大きくすることでさらに効果があがります

◆ボイラーの蒸発倍率を正常な状態へ近づけます。

◆低い圧力で送気する事により、配管での熱損失を軽減させます

京都中小企業優秀技術賞 受賞



生産性向上設備投資促進税制
』申請が出来ます。
 詳細に関しては弊社までお問い合わせください。

 

バイソンサイクロンの原理

■ノズル損失が極めて少ない理想的な絞り減圧を実現
・サイクロン型による蒸気流れの衝突抵抗損失をなくす。
・旋回流とバイブレーションのよる、水滴壁面付着をなくし、水滴再蒸発促進。
・渦巻き型蒸気の外側の流れがノズル出口蒸気を保温、熱損失防止と再蒸発。

         京都工芸繊維大 機械システム工学部門 荻原良道教授 検証

 

バイソンサイクロンでの減圧

■バイソンサイクロンでの減圧は二段階で行います。
再蒸発が目的の調整弁による減圧。
過熱蒸気への変換が目的のノズルによる減圧。
本体内に入った蒸気は、ミストを遠心分離。
蒸気だけをノズルから一気に送り出し、理想的な蒸気の改質を実現。
これにより結露しにくい3~8℃の過熱蒸気に変換
※過熱度は供給される蒸気温度により異なります。

技術のご紹介

バイソンサイクロンはこんな工場でお役に立ちます

・現在ボイラーをご使用の工場
・ボイラー蒸気流量2t/h以上の工場
・ボイラー室から工場の機械設備までの配管距離が長い工場
・蒸気の質が悪くドレンが多い工場
・ボイラーの着火回数が多い工場

製品詳細PDF

導入前後ドレン比較 (動画でご覧いただけます)

バイソンサイクロンご検討に関してのQ&A

----

----

ページトップへ戻る

バイソンサイクロン・ジェネレーター (BISON CYCLONE・Generator)

ボイラーがあれば省エネと発電が出来、余剰蒸気不要

新製品のご紹介

特徴

・蒸気の圧力差で発電
・乾き蒸気に変換しロスなし
・発電後の蒸気がドレン化しない
・発電後も蒸気が使用できる
・使用蒸気のみで余剰蒸気不要

1.バイソンサイクロン・ジェネレーターとは?
 内部に水車式の「羽根」を備え、蒸気を渦(螺旋)状に吹き付け回転力を与えます。
この回転力は「蒸気の圧力差」を利用し、従来の蒸気発電機と違い、蒸気そのものを消費しないのが特徴です。

2.なぜ燃料費の削減になるのか?
 「羽根」は蒸気の圧力差で回転し、特殊ノズルによるサイクロンの原理で渦状に回転し、「湿り蒸気」を「乾き蒸気」に変え渦の中心より送り出します。
一般的な貫流ボイラーは蒸気の中に約10%程度のドレンが含まれており、このドレンを再蒸発させ「使える蒸気」にすることにより、ボイラー効率の無駄をなくし燃料費の削減につながります。

3.なぜ発電するのか?
 誘導機の回転子に外力を加え、回転磁界の回転方向に同期速度以上に回転させると、トルクが逆回転方向に作用し、誘導機が発電機(回生ブレーキ)として動作する原理を採用しています。
発電量は「蒸気流量」と「蒸気の圧力差」がポイントとなり、
蒸気の使用量が多いほど発電量が増え、蒸気流量が一定でない場合発電量は変動しますが、この場合電力会社の系統に接続しておりますので、使用上問題は有りません。

関西ものづくり新撰 選定
経済産業省 ものづくり日本大賞 製品・技術開発部門 優秀賞

製品詳細PDF

----

弊社ではいつでも「バイソンサイクロン」・「バイソンサイクロンジェネレーター」の
実機をご覧いただくことができます。
お気軽に御相談ください。

展示会の ご案内 展示会の ご案内 image

内外特殊エンジ株式会社

〒601-8355
京都市南区吉祥院石原堂ノ後町11番地
TEL : 075-672-0551
FAX : 075-661-0822

内外特殊染工株式会社